結婚指輪の特徴について

結婚指輪はよく耳にするけれど、婚約指輪と何が違うのかと疑問に思っているかたも多いでしょう。


そこでまず婚約指輪と結婚指輪の違いについてまとめます。

名古屋の婚約指輪に関するお悩み解決にはこちらです。

婚約指輪とは、婚約の際に男性から女性にプロポーズの言葉と一緒に差し出す指輪のことで、デザインとしてはダイアモンドがセンターにのっているものです。

一方で結婚指輪は婚約指輪と違い、夫婦が普段からペアでつけてることが多い指輪のことです。



デザインとして多いのが金やプラチナなどのシンプルなもので、長い間使用することにあるので対になっているデザインやエタニティと呼ばれる小さいダイアモンドで囲まれているものなど年代や流行に流されないデザインが人気となっています。



結婚指輪の相場は1本10万円から20万円程度がもっとも多く、10万円以下や20万円から30万円がそれぞれ20%程度とされています。

夫婦2人分を購入することが普通なので、夫婦でよく話し合ってどの指輪にするのかを決めましょう。

結婚指輪は結婚をする人の多くが憧れますし、一生ものなのでどれが良いのかきちんと話し合って決める必要があります。
また結婚式を簡易に行ったりすることが多くなっている現在でも指輪の購入率は98.1%と多くの方が購入されています。

それだけメジャーなアイテムのひとつであるということができます。
さらに世界5大ジュエラーといわれているブランドがハリー・ウィンストン、ティファニー、ブルガリ、カルティエ、ヴァンクリーフ&アーベルがあげられます。